アレルギー症状に悩まされる女性

アレルギー患者の増加

マスクを着用している女性

現代の日本では、なにかしらのアレルギー疾患を持つ患者数が増えているという報告があります。厚生労働省の調査によると、全国民のじつに3人に1人がなにかしらのアレルギー疾患を患っているそうです。

アレルギーを発症する人が増えている原因はさまざまなのですが、主に下記のような要因が考えられます:

・アレルゲンの増加
・食生活の変化
・大気汚染
・衛生仮説
・ストレス

現代ではこれらが増えていることで、子どもはもちろん大人の方でもアレルギーを発症することが増えているのです。なかでも衛生仮説(現代型の生活環境において細菌や寄生虫の感染症が減ったことによりアレルギーが増えたという仮説)は、戦後の日本が急激に経済発展してきたことで、家庭などのあらゆる施設の衛生環境が良くなりすぎて、免疫力が鍛えられずにアレルギー疾患を発症してしまうというケースが目立ちます。

また、ストレスも現代では特に問題になっている要素です。人間はストレスを感じると交感神経でアドレナリンが多く分泌されるようになります。これがTh1の働きを抑える作用を持っており、アレルギー体質を招くとされています。

このように、私たち現代人はさまざまなアレルギー要因に囲まれて生活しています。いつアレルギーを発症してもおかしくありません。でも安心してください。アレルギー治療薬の開発が進んだことにより、アレルギー症状がより改善しやすくなったのです。アレリドなど、海外で製造された医薬品の中には日本で販売許可が出ていないものもありますが、海外医薬品専門の通販サイトを利用すれば簡単に手に入ります。なかでも「お悩み宅急便」というサイトは、アレルギー治療薬の種類が盛りだくさんです。